行政書士開業ガイダンス(その2)

こんな行政書士は開業するな

行政書士の開業を成功させる!

行政書士は儲かるのか?


Q1

山下:勿論、非弁行為であるわけですが、もう少し違った対応ができるはずです。 こういう人ってどこかで会ったことないですか?どんな仕事してる人に多いですか?
インタビュアー:会ったことがありますね

。「は?」と思う返事する人ですよね?  そうですね・・・「医者」とか「お役所」とかですかね・・・
山下:そうですよね。民間企業では滅多に遭遇しないでしょう? 国が介在しているような「競争にさらされていない業界」に多いわけです。 こういう人が、弁護士、税理士、行政書士・・・士業の業界には、まだまだ多くいる。
インタビュアー:そうか。そういえば弁護士さんのイメージもそんな感じですね。
山下:じゃあ、もう1つ事例を紹介してみましょう。
<ケース1> ある経営者が、行政書士に外国人労働者を雇用したいと相談してきました。
(行政書士)わかりました。それじゃ書類作成しますね。
(依頼者)よろしくお願いします。
どうですか?この会話のヘンな点に気付きますか?

 

Q1

インタビュアー:なんか物足りなさを感じますね・・・
山下:そういうことです。世間一般の営業マンだったら、「はい書類作成します」ではなく、外国人労働者の雇用について、様々なリスクやメリットも教えてあげますよね?
インタビュアー:せっかく自分自身のコンサルティング能力をアピールできるチャンスなのに・・・
山下:はい。そういう発想が民間企業の発想ですよね。なんとなくわかってきましたか?「差別化や優位性が発揮しやすい業界だ」という意味が。
インタビュアー:はい。実務+アルファ の意味が少しわかってきた気がします。
山下:プラスアルファというのは、一般的な「営業スキル」と、もう一つ「マーケティングスキル」が挙げられます。
インタビュアー:先生は、そのマーケティングスキルの向上のために「行政書士マーケティング講座」を制作されていますね?
山下:宣伝っぽくなるので、ここで詳しく話しはしませんが、講座では、様々な事例を交えて「営業スキル」と「マーケティングスキル」の両方を磨きます。かなり差別化が 発揮できるようになるのは間違いないと思います。
インタビュアー:これまでに先生が行政書士に対して開業指導している内容が盛り込まれているんでしたよね?

 

Q1

山下:そうですね。ですから、かなり実践的な話しをしています。興味のある方はまた説明ページでも見ておいてください。 今回はせっかくですので、同様のケーススタディをもう少し見てみましょう。どう対応するのがベストか考えながら聞いてください。
インタビュアー:はい。
山下:ある経営者が業務提携契約書の作成を行政書士に依頼しました。それに対して行政書士は「わかりました。でも少し複雑なので、弁護士さんにお願いしたほうがよいでしょう。」 もう一つ、ある経営者が銀行に提出する事業計画書の作成を行政書士に依頼しました。それに対して行政書士は「わかりました。ひな型がありますから、お渡しします。それで大丈夫ですよ。」
インタビュアー:先程の例によく似ていますね。営業チャンスをみすみす逃している気がします。
山下:そうです。なかには「どこがいけないの?」って言う方がいるのがこの業界なのです。そしてその方でも食べていけた業界だったともいえます。 これらの「ベストアンサ-」は講義の中で話しているので、ここでは控えますが、少なからずベターな案くらいは分かる方が多いでしょう。 そして、今、これ以上のことをやっている行政書士、税理士、弁護士、社会保険労務士が大きく増えてきています。そして成功しているのです。 「行政書士が儲かるか?」の問いに対して、「儲かるとは断言できないですが、大きなビジネスチャンスが転がっている。」という返答の意味を少し理解いただけたでしょうか?
インタビュアー:はい。かなり具体的なイメージがもてました。起業家精神が旺盛な方にはピッタリの業界と言えますね。
山下:そうですね。是非、そうした方がどんどん独立して、この業界を盛り上げて欲しいと思います。