失敗する行政書士10のチェックリスト

こんな行政書士は開業するな

行政書士の開業を成功させる!

失敗する行政書士10のチェックリスト


マーケティングの基本は勿論、最近の行政書士業界で話題になっているトレンド等をどの程度知っているかチェックできます。マーケテイングが全く苦手な人でも、ある程度答えられるよう噛み砕いてあります。完璧に答えられなくても結構です。ただ全く歯がたたない方は要注意かもしれません。開業前の方や開業して間もない方は是非一度試してみてください。

チェックリスト


Q1

あなたが行政書士として開業した際、ターゲットとしている業務分野については明確になっていることと思います。ではその分野について、現在の市場成長性や将来性について説明できますか?
(簡単で結構です)

第4回(P19)

 

Q2

(Q1の続き)その分野において、あなたが、どのように収益モデルを構築するか説明できますか?
(簡単で結構です)

第7回(P44)

 

Q3

(Q1の続き)その分野が、あなた自身の強み(パーソナリティやスキル)と整合している点を説明できますか? またそれは十分な競争力がある、もしくは競争力があるものになりますか?
(簡単で結構です)

第1回(P5)

 

Q4

コンサルティング営業、ソリュ-ション営業、集客プロセス、営業プロセス、リピ-タ-プロセ ス、これらの言葉を行政書士の営業の世界に置き換え、説明できますか?

第6回(P34)

 

Q5

顧客からディスカウントを要求される行政書士と、反対に付き合いが深くなるに従い、業務単価を上げることができる行政書士、との違いについて、簡単に説明することはできますか?

第5回(P28)

 

Q6

行政書士として独立するのに必要な最低限の経営計画と最低限必要となる実務知識はどれくらいのものだと思いますか?

第6回(P35)

 

Q7

行政書士として経営者から「会社が倒産しない方法とは?」と聞かれたら、あなたは一言でどのように答えますか?

第6回(P34)

 

Q8

行政書士が踏み込んだ法律問題(税務問題、労務問題等)を聞かれた時、大半の行政書士がとる方法は当然一つだと思います。それでは、それを「顧客満足」につなげるにはどうすれば良いと思いますか?

第8回(P64)

 

Q9

自分の行政書士事務所の商品を認知してもらい、行政書士サ-ビスを購入してもらうための購買行動をおこしてもらう方法について答えることができますか?

第10回(P75)

 

Q10

顧客開拓をするときの営業ト-クと交渉力とパフォ-マンス(演出)について、自分なりに思いつくことを頭の中でシュミレ-ションをしてみてください。

第11回(P80)